米沢市市民文化会館
自主事業情報

事業名

宝くじ文化公演 春風亭小朝トーク&コンサート「オーケストラとの融合」

2011年7月11日(月)好評のうちに終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
コメント

東京室内管弦楽団をバックに小朝のトークショー(クラシックよもやま話、作曲家の知られざる素顔など)、洗練された上品な話芸とオーケストラで聴く名曲の数々を小朝のナビゲートでお楽しみください。

出演

春風亭小朝

春風亭小朝

 

昭和30年3月6日 東京駒込生まれ
昭和45年、春風亭柳朝に入門、昭和55年25才で真打昇進。

出囃子 三下がりさわぎ

落語以外にもドラマ、クラシック音楽、ジャズと様々な活動を展開している。
年間200回を超える独演会、講演会を行い、特に歌舞伎座三夜連続、銀座博品館 劇場30日間連続独演会、その他新橋演舞場、京都南座と大劇場での公演を多く企 画する。
平成9年10月11日には落語界初の日本武道館での独演会を開催。超満員のお客 様を集め、大作を2席口演し大好評を博す。
平成13年4月に、日生劇場の3日間連続公演で山田五十鈴と初共演をはたし、各 方面から絶賛される。
平成15年6月、新宿コマ劇場の「恋や恋浮かれ死神」では落語家初の座長公演を行 う。
また、平成15年2月に笑福亭鶴瓶、林家正蔵、春風亭昇太、立川志の輔、柳家花縁 と落語ユニット「六人の会」を結成し、落語界の活性化と落語の普及のために活動の 場を広げている。
活動の主なものとして、平成16年より7月の3日間、落語家が所属する各団体、一 門を超えて参加する、落語界始まって以来のイベントである「大銀座落語祭」を銀座 で開催する。 東西の落語家、色物、お笑い芸人が200名以上出演し、多くの落語ファンを集めた。

 

指揮:橘 直貴
札幌市出身。1988年桐朋学園大学音楽学部にホルン専攻として入学。1992年同大学卒業後、研究科に進み、1994年より1997年まで同大学の付属機関である指揮教室に在籍する。

この間、指揮を岡部守弘、紙谷一衛、黒岩英臣の各氏に、ホルンを安原正幸氏、チェンバロを鍋島元子氏(故人)に師事する。また、大学在学中より、シエナ・ウィンドオーケストラに入団、1995年4月まで同団のホルン奏者を務める。

大学卒業後から現在に渡り、ウィーン国立音大助教授である湯浅勇治氏の指揮セミナーに参加、師事する。
1999、2001年 ウィーン・マスタークルゼ指揮マスターコースにてサルヴァドール・マス・コンデ氏に、2000、2003、2004、2006年 イタリアのムジカ・リヴァ夏期国際アカデミー指揮マスターコースにて、イザーク・カラブチェフスキー氏に、また2001年ドイツのシュレスヴィッヒ・ホルシュタイン音楽祭指揮マスターコースにてヨルマ・パヌラ氏に師事する。

2001年第47回ブザンソン国際指揮者コンクール・ファイナリストならびに会場内の聴衆による投票にて最優秀である聴衆賞受賞。同年に、オーケストラ・レジオナル・ドゥ・カンヌと、2006年のサンクト・ペテルブルグ・フィルハーモニーと共演。2007年、第2回バルトーク国際オペラ指揮者コンクール優勝。

これまでに、東京交響楽団、東京シティフィル、東京室内管弦楽団、札幌交響楽団、仙台フィル、広島交響楽団、関西フィル他に客演。2009年より東京室内管弦楽団のアドヴァイザー兼プリンシパルコンダクターとして活躍中。また、各地のオーケストラ、合唱団やオペラの指揮者として活動している。

 

管弦楽:東京室内管弦楽団
東京室内管弦楽団
東京室内管弦楽団は、80年に及ぶ伝統と多くの実績をもつ代表的な管弦楽団です。 1928年設立。1954年より、故いわくぼささを が代表・音楽監督指揮者となり、「求められる演奏活動」を掲げ、いわゆるクラシックの管弦楽曲はもとより、独自の編曲による映画音楽をはじめ、タンゴ・ポップス等を中心とした「ポップスコンサート」や、クラシック以外のアーティストとのコラボレーションなどいち早く採り入れたオーケストラであり、ポピュラー音楽においても幅広く活躍。

1964年より全国の学校を対象に<オーケストラ鑑賞教室>を展開。特に、教育演奏活動においては、テレビ放送開始初期より(NHK・TV学校向け番組、軽音楽番組TV・FM)他…で活躍。全国の教育委員会主催の音楽鑑賞教室、学校訪問、地方巡回や、小・中・高個々の学校主催による音楽鑑賞教室・芸術鑑賞会等、多くの地域・機関・学校で好評を得ており音楽鑑賞教室・教育演奏活動のパイオニアとして教育界で現在も高い評価を受けております。1968年には日・琉・米親善文化使節として、民間のオーケストラとしては戦後初の日・琉・米公演を行い、1975年には日・比親善公演を行うなど、その活動は高い評価を得ております。

活動内容は、自主公演、共催公演をはじめ、年間およそ70余の依頼演奏、そのほとんどは公共機関、公立文化施設(公社、財団等)関係機関…の公演事業、TV出演、放送・レコーディング、イベント、組織・企業…の依頼演奏、福祉活動、親善・記念公演、例…横浜市開港145周年記念公演をはじめ各地区の周年記念公演等…国際婦人協会主催によるチャリティー舞踏会、小・中・高・大各学校記念公演、外務省儀典官室依頼による儀典演奏(迎賓館、皇居)等から、県・区・市・町・村教育委員会主催による<青少年のための音楽鑑賞教室>他、個々の学校主催のものまで全国的に幅広く活動。メンバーは主として、国際(国内コンクール入賞者等…を主力に、オーケストラ経験者…国内・海外有名オケでの経験者…音楽大学、専門課程で教職にある演奏家、その他、室内楽など、現在活躍中のきわめて評価の高い演奏家の参加と、相互ローテーションによって編成されております。また、特に将来活躍が期待されている若手指揮者・演奏家(国内・海外)の起用・育成をはじめ、演奏内容により多くの客演奏者(海外招聘など)を交え演奏に臨んでおり、一人一人のメンバーは十分な演奏活動を行い、自由な立場で演奏に参加していることや、その多彩な演奏形態は、音楽的にも、一般的な組織によるオーケストラと異なるところです。

予定演奏曲目
〜クラシックの名曲より〜
モーツァルト:セレナーデ第13番ト長調K.525"アイネクライネナハトムジーク"より モーツァルト:交響曲第40番ト短調K.550
〜映画音楽より〜  
ローゼンマン:エデンの東、M.ルグラン:シェルブールの雨傘 H.マンシーニ:"ティファニーで朝食を"よりムーンリヴァー
※曲目は変更になる可能性がございます。
米沢市市民文化会館は全館禁煙です。
〒992-0045 山形県米沢市中央1丁目10番2号
Tel:0238-23-8510 FAX:0238-23-8511
Copyright Yonezawa City Cultural Hall 2005 All Rights Reserved.