米沢市市民文化会館
自主事業情報

事業名
米沢市民文化会館子育て支援事業
音楽の絵本
2013年3月10日(日)好評のうちに終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
コメント

『音楽の絵本』はクラシック音楽における絵本のような役割ができれば・・・と考えられ、そして誕生しました。
指揮者のオカピをはじめ、演奏するのは全て希少動物という金管五重奏「ズーラシアンブラス」。そして弦楽四重奏の「弦(つる)うさぎ」。本格的なクラシックから、映画音楽に童謡まで、動物たちが奏でる多彩な音楽の世界をお楽しみください。
子どもたちだけではなくお父さんもお母さんも一緒に夢の世界へ誘います。

文化会館子育て支援事業とは
米沢市民文化会館では、子育て中のお父さんやお母さんにも楽しんでいただけるように、0歳のお子様からご入場いただけるコンサートや演劇を企画しています。どうぞ、ご家族みんなでお楽しみください。
3歳以下のお子様で、保護者のひざの上でご覧になる場合は、無料でご入場いただけます。お席の必要な場合はチケットをお求めください。
当日は授乳スペース、おむつ交換スペースを設置いたしておりますので、どうぞご利用ください。
なお、上演中お子様が泣いたりお声を立てましたら、ロビーでお休み下さい。

出演

 ズーラシアンブラス(金管五重奏)

まじめでしっかり者のオカピが、大好きな音楽で生きていこう、と決めたのは今から少し前のことです。北極での演奏に限界を感じていたホッキョクグマと一緒に、世界のいろんな国をまわって、孤高のトランペッターインドライオン、お調子者のスマトラトラを見つけ出しメンバーに誘います。噂を聞きつけたドゥラングールが、ぼんやり眠ってばかりのマレーバクを誘ってオカピに会いに来ました。そうして結成されたのが金管五重奏ズーラシアンブラスなのです。

 

 弦うさぎ(弦楽四重奏)

うさぎの四姉妹弦楽重奏それが弦うさぎです。左から、メグ、エイミー、ジョー、ベス。作曲家の父とバイオリニストを目指していた母。その影響で小さいころからクラシック音楽を聴いて育った四姉妹でしたが、父親が作曲の旅に出てしまい、母も一緒に世界各国をまわっているため、一年のほとんどは姉妹のみで生活しています。寂しさを紛らわそうと姉妹で始めた演奏会が街中で大評判。その息のあった演奏と幻想的な世界を紡ぎ出す音楽性に惹かれ、遠方から聞きに来る人々も絶えなくなったとか。かくして「弦うさぎ」弦楽四重奏団がうまれたのでした。

米沢市市民文化会館は全館禁煙です。
〒992-0045 山形県米沢市中央1丁目10番2号
Tel:0238-23-8510 FAX:0238-23-8511
Copyright Yonezawa City Cultural Hall 2005 All Rights Reserved.